Blog

お茶のこと
くらしのこと

台風10号の威力と勉強会

台風10号の威力と勉強会

2020.09.05

こんにちは。島根県松江市西茶町のお茶屋、加島茶舗の加島理絵です。

 

台風10号の進路が心配ですね。今回は大型で非常に強いとか。

九州は地震や豪雨で度々大変な思いをされているのに、本当に心配です。どうかご安全にお過ごしください。

今回は、よく台風情報の時に聞く「ヘクトパスカル」という単位について、私自身よくわかっていなかったので、調べてみました。

台風は、中心気圧(hPaヘクトパスカル)の数値が低ければ、その勢力は強いものとなるそうです。

特に中心気圧が1000を切って900台になるとさらに警戒を強めるべきとされています。

 

よくニュースで取り上げられたり、授業で習ったりする「伊勢湾台風」は死者4,697名、行方不明者401名、負傷者38,921名住家全壊40,838棟など甚大な被害が出ました。その時の気圧は929hPa。

そして今回の台風は9/5現在で920hPa。1000hPaを切り、伊勢湾台風に近い気圧です。本当に怖いですが、できる準備をして、勢力が弱まったり、横にそれたりすることを祈るばかりです。

 

私の記憶の限りでは松江で台風が直撃したり、床上浸水などの被害はめったにないです。しかし今日義父に聞くと、平成3年の台風19号の際には自宅に止めていた車に瓦が飛んできてフロントガラスが割れたり、町の水銀灯はほとんど割れて電柱は倒れたりと大変な被害だったそうです。

あまり災害に慣れていないからこそ、ちゃんと準備をして備えなければいけませんね。

参考ページ

・台風ランキング

・伊勢湾台風

毎年行われている全国茶審査技術競技大会という茶業者向けの大会があるのですが、今年はコロナウィルスの影響で中止になりました。

年に一度、段位取得のためだけでなく、様々な産地の茶を勉強できる大会ですので、仕方ないというのもわかりつつ残念な気持ちもやはりあります。

今日は夫が団長を務める山陰茶業青年団と日本茶インストラクター協会、瀬戸内茶業青年団の方々が松江に来てくださり、少人数での全国大会の代替試合兼勉強会でした。感染対策のため、広い会場を借りて、マスクや消毒液を準備のもと行われていました。

私は店番でしたが、少人数であってもコロナ対策の上での会はやはり制限が多く大変だったようです。今の状況が落ち着いて、少しずつ元通りの生活に戻れるといいですね。 

◎島根のおすすめスポット

No.34 yurusato-江津市

先週ご紹介した浜田市の尾田家と同じオーナーさんが経営されている一棟貸しの宿です。

そして尾田家とおなじで、design office sukimonoさんが設計されています。古い建物や建材を生かしてリノベーションされていて本当に素敵です。

畳のスペースも広くお子さんと一緒でもくつろげます◎

バーカウンターのようになっているので、バーに来た気分で話も弾みそうですよね。バーテンダー役は交代でどうぞ^^

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

加島茶舗のホームページはこちらから
加島茶舗のオンラインショップはこちらから
instagram @kashimachaho
facebook @加島茶舗
twitter @chamachinochaya

\よろしければフォローお願いします/