Blog

お茶のこと
くらしのこと

加島茶舗の包装紙事情

加島茶舗の包装紙事情

2020.07.18

こんにちは。島根県松江市西茶町のお茶屋、加島茶舗の加島理絵です。

蒸し暑い日が続きますね。梅雨明けはまだかと待ち遠しい毎日です。

早いもので2020年も半分がすぎて、日ごろの感謝をこめて、お中元を贈る季節になりました。

加島茶舗ではこの時期に合わせて、というわけではないですが、新しい包装紙を作りました。

何の柄かおわかりでしょうか。

よーくみると、「茶町」と書いてあるんです。

素敵ですよね^^私たちもお気に入りです。

加島茶舗という文字も隠れています。ぜひ探してみてくださいね。

昔から使っているこちらの民芸調の包装紙も合わせて使っています。こちらもよく見ると縁側でお茶を楽しむ人々や、屋根の上に猫がいたり、味わい深い包装紙です。

どちらかお好きなほうをお選びくださいね^^

最近は「焼き菓子のための煎茶」や「チョコレートのための煎茶」などと一緒に焼き菓子やチョコレートをギフトにさせて頂くことも多くなり、カジュアルで洋にも合うデザインも、ということで新しい包装紙を作りました。

もらった方が「加島茶舗のお茶だ」と包装紙を見るだけで喜んでいただけるくらい、愛される包みになりますように。がんばります^^

◎島根のおすすめスポット

No.27  城上神社-大田市大森町

大森町は縦に細長いのですが、その一番突き当りにある神社です。

この龍は天井絵なのですが、この真下に座り、パンパンと手をたたくと、龍の鳴き声のようにリンリンと響くのです。周りで聞いているときや、違う場所でたたいても全く聞こえず、この絵の真下でだけ、龍の鳴き声が聞こえます。

とても不思議で感動しました。

城上神社の御神木と祖母。

自然豊かな素敵な町にある神社です。

ぜひお参りしてみてくださいね。


加島茶舗のホームページはこちらから
加島茶舗のオンラインショップはこちらから
instagram @kashimachaho
facebook @加島茶舗
twitter @chamachinochaya
よろしければフォローお願いします♩