Blog

お茶のこと
くらしのこと

お茶屋の婚活会にかける思い

お茶屋の婚活会にかける思い

2020.02.08

こんにちは。島根県松江市にありますお茶屋、加島茶舗の加島理絵です。

来週はいよいよバレンタインデーですね!加島茶舗でも近所のチョコレート屋さんpatisserie J KOWARI さんのチョコレートを置かせていただいています。

明日はいよいよ『お茶屋でチョコっと婚活会』の開催日となりました。

キャンセル等のハプニングもあったのですが、たくさんの方々が紹介して下さったり、SNSでシェアして下さったお陰で、無事満席になりました。たくさんの方々に支えていただいているなあと胸が熱くなりました。ご協力いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。

今回、なんで婚活なの?と聞かれることが多かったので記事にしてみました。

婚活イベントをすることは、私の入社前からの目標でした。

理由はたくさんあるのですが、

・幸せのお手伝いができる

・参加者は婚活以外の経験が同時にできること

・普段あまりお茶を飲まない人にも日本茶の魅力を知ってもらえる

・お茶の時間から生まれる和やかな雰囲気を体感してもらいたい

などが理由です。

実は、何年か前に1度、まだ入社前に、婚活イベントを主催されている方とコラボして『お茶ラブコン』というイベントをしたことがありました。その時は20人:20人くらいの大人数でのイベントだったので、グループ戦での利き茶ゲームをしました。その時であった一組が結婚されたんです。これは本当にうれしかったです。

また、その時実感したのは、婚活×○○のほうが、参加しやすいのではないかということ。お茶という共通話題があるので、話も盛り上がったり、デートに近いものがあるのかなと思いました。

そしてもう一つ、加島茶舗では10時と15時にお茶の時間があるのですが、私が入社してすぐ、義理の両親や従業員の方々とすぐに打ち解けられたのも、このお茶の時間のおかげもあるのかなと思っていました。もちろん、みなさんが優しくて温かく迎えてくださったのも大きいのですが。

煎茶は、一つの急須から、たくさんの人の湯飲みに注ぎ分けることができますよね。それも、2煎目、3煎目と何度も飲めます。同じ釜の飯を食うみたいな感じで、一体感がうまれるというか、ほっとする時間を共有することができるんですよね。

実際お茶ラブコンの最後、連絡先交換を促す際には、同性同士の交換も多くみられました。明日の会もとても楽しみです。

〇島根のおすすめスポット

No.4 古本 冬營舎 – toueisya 松江市片原

加島茶舗から徒歩1分の古本屋さんです。かもめ食堂とか、しあわせのパンとか、そういう人情ものの映画に出てきそうなあたたかな雰囲気があります。

中にはおおきなテーブルがひとつあり、本を読みながらドリンクを楽しんだり、その場にいた人としゃべったり、店主に人生相談をしたりと、通いたくなるお店です。

先日知り合いが働いている会社が求人を募集しているとここで話したら、冬營舎のお客さまで職探しをされている方がいて、その会社で働くことになったそうです。

そんな奇跡がたびたびおこる、素敵な本屋さんです。ぜひ行ってみて下さいね。


最後まで読んでいただきありがとうございました。



加島茶舗のホームページはこちらから
加島茶舗のオンラインショップはこちらから